法律上の免許の意味

法律から見た免許と資格

トップ

法律の内容に関する情報

資格を法律はどう定めているのか

一口に免許を含めて資格と呼んでいますが、厳密な意味では違います。免許に限らず一般的に資格と言葉を口にしますが、例えば同窓会をするとなると、参加者は卒業生が前提条件となるのです。士業で例にとると、その業務に携わる能力を持っていると判断して合格書が授与されるのです。法律は様々な事を定めており私たちの生活に影響を及ぼしますが、国会で決められてこそ、初めて決定をするのです。これに対して検定とはその時点で基準に達しているかを判断する証明です。免許は本来は禁止すべき項目を特別に許されたもので、法律の方が格が上と言われています。

法学検定の概要について

法律を学んだ際にその到達度を示す手段として、試験を受けることが考えられます。まず、代表例として法学検定試験があります。これは、法学に関する学力を客観的に評価する、日本で唯一の全国規模の試験です。この試験の合否が大学での授業の単位認定、企業の入社・ 配属時等の参考資料など、さまざまな場面で利用されてるようになってきています。この試験は、学習の習熟度に合わせて、ベーシック・スタンダード・アドバンスドの3つのコースに分かれています。この、法に関する試験は11月の最終週の日曜に行われ、9月中旬から10月中旬に願書を提出しておく必要があります。